三振前のバカ当たり

競馬のブログです。中央地方(主に南関、高知)問わず予想していきます。◎はとりあえず馬券圏内ならという消極的考えの元、それぞれ予想の根拠をつらつら書きながら楽しみたい、そんな感じのブログです。

6/26帝王賞

あーあ、当たらんなぁ。
なぜ枠単で買ったのよ…
ナガタブラック穴推奨してたのに…

はい、帝王賞です。
大井の馬場は外差しが効いてきた印象。
それ踏まえて考えますよ。


大井11R
帝王賞

◎チュウワウィザード
○オメガパフューム
▲インティ
△モジアナフレイバー、スーパーステション

モジアナフレイバー4番人気って…。

それは置いといて、本命チュウワウィザード。
外差しが効いてきたとはいえ、内が伸びないわけでもない。要は、直線で上がりが使えるか。
であれば、距離適性は問題なく、初大井も、地方の馬場は問題ないチュウワウィザードかなと。
上半期ことごとくついてなかった川田Jを応援したい気持ちも込めて。
あれ、このパターン昨日やったなぁ。

対抗は大井得意のオメガパフューム。
前走は小柄な馬に対しての59キロはさすがに堪えたか、伸び負けした印象だった。
今回は他馬と同斤の57。問題は、今日大井初のレーンJか。大井の馬場は中央の比じゃない難しさだよ。

インティは気性に不安があるのと、距離もマイルがベストな印象で、大井2000は微妙かなと。前走みたいに突っつかれたら厳しくなると思う。

そしてモジアナフレイバー。
前走はセンチュリオン以下を圧倒。さらに成長が見込め、東京大賞典のときより成績をあげられるのでは?

スーパーステションは今回のメンバーなら頑張って欲しいなぁ。ただ、前に行く馬が多いから、展開は少し厳しくなりそう。でも、追いきりも良かったし、期待したい。


他のレース予想したかったけど、ちょっと余裕なかったので、こんなもんで勘弁してください。

6/25優駿スプリント

宝塚記念はやっぱり当たらなかった。
まぁリスグラシューが2200強いのもわかってたし、家族来日でレーンJに風が吹いているのもわかっていたけど、宝塚記念は荒れやすいから、少し配当つかないかなと思ってやった結果ですから。

しかし、6月は安田記念の日の阪神最終までで、そこからひどかったなぁ。
やっぱり梅雨時期の競馬は難しいね。

さて、大井開催で、今日は優駿スプリント。
正直、何が来てもおかしくないような、拮抗したメンバー構成。昨日の馬場は一筋縄では行かないけど、前有利。
まぁ前付けれる馬中心で考えてみますか。


大井11R
優駿スプリント

◎ヴァルラーム
○ロイヤルビクトリー
▲ニーマルティアラ
△アジュディカグラ、カンゲキ、ナガタブラック、フォルベルス

人気なんだけど、3枠の2頭が良さそう。その中で、前に付けてもある程度上がりも使えるヴァルラームを本命視。3走前から1200を使い始めて、13秒台でも走れているし、上がり最速もあるようなレースができている。ロイヤルビクトリーは上がり最速が今までないのがネックで、であればこっちかなと。なにより、この馬の主戦にいい話を聞かせてあげて、頑張ってほしい。目が覚めてからの続報がないからわからないけど、頑張れ、柏木健宏騎手!

ということで、ロイヤルビクトリーが対抗の理由は上がりがそうでもないこと。ただ、馬場的にはこの馬にとっていいのかな。使い詰めでもないし、鞍上森泰斗Jなら問題ないか。

アジュディカグラを、と行きたいのだが、内枠だと走りにくいのではないだろうか。おそらく、ハナを切れなければ、わりと囲まれて競馬することになるだろうし、そうなるとこの馬にとってはあまり良くないと思う。ならば、いっそのこと穴として、最内枠のニーマルティアラ。東京ダート1400で未勝利勝ちを収めたあと、すぐに大井に転厩。前走古馬混合B3では見せ場なく負け、右回りが良くない可能性はあるものの、3歳限定、サウスヴィグラス産駒の距離短縮とくれば、穴としての要素はあると思うのだが。

んで、アジュディカグラ。西啓太Jというのはいいと思うけど、理由は上記の通り。

カンゲキが逃げるのかなぁ。2走前に船橋1000を逃げ切ってるように、スピードはあるだろうから、あとはGOD赤岡がどういう導きを見せるのか。

ナガタブラックは前走古馬混合B2を上がり最速で勝利。存在が地味な感じがするので、そこまで人気にならないと思うけど、差し有利な馬場だったり、展開になれば、前走のような走りを見せてもいいと思う。

最後にフォルベルス。これも人気ないのか?
クラシック路線に出てたけど、配合的にはこういう短い距離がいいだろうし、2走前に僅差2着もあるくらいだから、馬鹿にできないと思うけどなぁ。

ホールドユアハンド、ここで距離短縮かぁ…。
もう少しマイルらへん使ってほしかったんだけどなぁ。

とりあえずこんな感じ。
明日の帝王賞は他のレースも予想します。

6/23宝塚記念

まぁ宝塚記念なんですけどね、あまりに相性良くないのと、気乗りしないので、印だけ。


阪神11R
宝塚記念

◎キセキ
○エタリオウ
▲スティッフェリオ
アルアインレイデオロ

印はつけたけど、馬連ボックスかな。3連馬券なら、これにリスグラシューとかノーブルマーズとか入れると思うけど、連絡みしないと思ってるから、これで。


絞り球狙い打ち

阪神10R
花のみちステークス

馬連ワイド3-11

人気なんだけど、この2頭は強いと思ってる。ストロベリームーンはサインもあると思ってる。メイショウコゴミは阪神ではパーフェクト圏内。このへんでよろしいかと。

今日は宣伝せず、大人しくやろうかな。

2019プリンスオブウェールズステークス

あぁ尊師、やはりそなたは素晴らしい(本命ではない)。
穴狙いすぎてガミだったのは秘密な。

ところで文男、笑ってコラえてで出てたレースみたいなレース展開になっちゃったなぁ。
それと、今の船橋の馬場は内伸びだったから、京成盃グランドマイラーズからの騎乗じゃなければもう少し上の着順だったかも。

さて、もう少したったらロイヤルアスコット開催のプリンスオブウェールズステークス。ディアドラが出走してくれたおかげで買えるレース。ということは、やるっきゃないよね。

えぇ、予想です。


アスコット3R
プリンスオブウェールズステークス

◎マジカル
○クリスタルオーシャン
▲シーオブクラス
△ヴァルトガイスト、ハンティングホーン

昨年のBCターフでエネイブルにコンマ1差の2着、年が明けて、今年に入って3連勝中。いずれも斤量を背負った状態で強い競馬だったマジカル本命。去年の凱旋門賞も出るかもと言うような話は戦前出てたものの、結局出なかったのだが、3歳だった昨年からも強い競馬をしてきた一頭。去年の時点で強いと言われてたので、今年に入って本格化したとするならば、怪物クラスに既にあるのではないかと思っている。
なにせ、エイダン・オブライエン厩舎にライアン・ムーアですから、その期待値たるやといったところ。

対抗はクリスタルオーシャン。勝ったここ2走はムーアJ騎乗も、今回はマジカルがいるので乗り替わり。その乗り替わりの騎手がフランキー・デットーリということで、陣営の期待値もやはり高いのではと思う。なんと言っても、レーティングが示すように、強いということではあるが、未だに4着以下がない素晴らしい成績。もちろん、ヨーロッパの競馬なので、4走前のエネイブルが勝ったレースみたいに少頭数のレースもあるのだが、それにしても堅実な馬である。あまり渋るのは良くないと思うが、今回の程度なら問題ないだろう。

シーオブクラスは去年の凱旋門賞からの休み明けなので、少し割引。流石に今回は届かないかなとみている。ただ、昨年のパフォーマンスを維持、あるいはさらに上昇してるとするならば、今回も圏内まで差し込んで来ると思う。それでも、マジカルまでは差せないと思う。

ヴァルトガイストはもしかしたら内弁慶タイプかもしれないが、少し水分を含む今の馬場はいいと思うので、押さえ。ハンティングホーンは距離が短いかもしれないが、やはりエイダン・オブライエン厩舎は怖いから。
そういえば、落とした電話何もなかったのかなぁ。電話なければオブライエンパワーは半減すると思っているんだけど。


とまぁこんな感じです。
ディアドラは厳しいだろうなぁ。
日本の馬が日本人騎手でロイヤルアスコット開催に出てるのは名誉だけどね。

6/19京成盃グランドマイラーズ

上沢…、膝殺された…。

すいません、日ハムの話です。左膝蓋骨骨折、長期離脱というか、今季絶望やむを得ないかなぁ。早く治ったとしても、膝だから投球フォームの違和感取れるまでも時間がかかるし、なにより下半身の怪我だから、また下半身を作らなきゃならない。エースの離脱はあまりにも大きすぎる。

競馬に戻ります。とりあえず、京成盃グランドマイラーズ。おクスリ問題で自粛せざるを得ない馬もいた中で、フルゲート割れの13頭、でも頭数のわりにメンバー揃ってる。難しいなぁ。
そして、文男復帰戦。もう食べ物食べられるようになったのかな?

ということで、予想。


船橋11R
京成盃グランドマイラーズ

◎リコーワルサー
○ベンテンコゾウ
▲クリスタルシルバー
△トーセンブル、ディアデルレイ、ゴールデンバローズ、ミッシングリンク

マイル前後の距離で能力発揮しだしたリコーワルサー本命。もともとは世代でもトップクラスだったが、距離が合わずになかなか勝てずにいた馬。それが距離短縮て本領発揮し、再び重賞の舞台に戻ってきた。スタートに難がないこの馬にとって、最内枠は歓迎だと思うし、枠なりの競馬で勝負できれば。

ベンテンコゾウは前走の大敗が気にはなるが、船橋のコースでは崩れていない。尊師は昨日、一昨日とパットしなかったが、重賞なんだし、魅せてほしいな。

クリスタルシルバーはなかなか勝ちきれないが、今回は56キロで出られる。文男が休みボケしてなければ、逆転もあるし、快気祝いと行きたいところ。

トーセンブルも去年のクラシック戦線で走っていた馬。トーセンブライトを父に持っているので、晩成型だと思うし、最近崩れていないことからも、この舞台でも相手なりに走れそう。

ディアデルレイ船橋なら再び穴をあける可能性があるかなと。ゴールデンバローズは外枠と左回り替わりで前進期待。ミッシングリンクは転厩初戦だが、地方の馬場は走れそうなので、押さえまで。

簡単にはなったが、こんなとこで。
後ほどプリンスオブウェールズステークスの予想します。

6/16ユニコーンステークス、函館スプリントステークス

いやぁ、大変なことになったね。禁止薬物混入問題。

150頭以上が除外対象になって、さらに週明けの交流戦だったり、南関含めた地方勢でも対象のロット番のグリーンカルを使っているところがあるみたいで、同じようにレースに使えないところもちらほらいるみたい。困った話だね。調教師も、馬主も、みんな被害者。今回に関して、JRAがすぐに対応したのはいいけど、一言も謝罪のコメントがないのは不満だね。あとは、対象の厩舎はすべてだめっていうのもなんかね。尿検査でシロと出ている馬がいても、厩舎でダメだから、だめっていうのはなんかね。

ほんと、頭の固い奴らしかいないんだなと、改めて思ったわ。

 

さて、一応レースはやっているから、函館と東京の重賞を予想するけど、函館スプリントSは悲惨だね。6頭が競走除外で7頭立てですか。どうにもならなかったから仕方ないけど、ましてや函館は雨だから、あまり気乗りしない。予想はするけど、馬券は買わないだろうなぁ。まだ、ユニコーンSのほうが買いたいけど、どういう感じで乾いて、馬場傾向がどうなるかは、日曜のレース始まらないとわからないから、3場すべて難しい。

 

まぁ、時系列的に函館スプリントから予想していきますけども。

 

 

函館11R

函館スプリントステークス

 

アスターペガサス

サフランハート

▲ペイシャフェリシタ

△カイザーメランジェ

 

アスターペガサスなんか前走買えって話だけど、そもそも時期的に夏場のほうがいいんだろうか。まぁ、今の函館なんかものすごく涼しいし、日曜の温度なんてたかが知れてるんだけど、函館の芝も2歳の時に適性を見せつけたし、コース自体は問題ない。52キロで出られるのも大きいかなと思う。

 

サフランハートは重馬場適性のある先行馬。もしかしたら雨が降りすぎて差し馬場になってしまうかもしれないが、大した頭数もないので、適性と先行力で何とかというのは十分に考えられる。距離短縮もいいほうに向きそう。

 

ペイシャフェリシタも重馬場得意。札幌は走ったことがあるが、函館はないので、洋芝適性はあっても、その点では何とも言えない。正直、成績的にも下降線で強くは推せないのだが、このメンバーなら何とか格好はつかないだろうか。

 

タワーオブロンドンをわざわざ入れるのも、58キロと初距離を考えても微妙なので、今回はいろんな要素がありすぎて、ちょっとこの馬を買うのもどうかと思う。であれば、カイザーメランジェ。重馬場適性はどうかわからないが、少なくともオープン昇級後はスピード負けしている印象だし、この雨は歓迎だろう。札幌で1戦1勝で、洋芝は問題なさそうで、ちょっとした穴でならいいんじゃないのかと思う。

 

 

いかんせん、天気だの、メンバーだのに加えて、ヤクブーツ。ツッコミどころが多すぎるわ。

ライトオンキュー買いたかった…。

 

東京11R

ユニコーンステークス

 

◎デュープロセス

○デアフルーグ

▲ダンツキャッスル

△エルモンストロ、ノーヴァレンダ、ニューモニュメント、ヴァイトブリック

 

日曜の東京は30度越えが予想される。なので、芝は結構乾いていくだろう。土曜の競馬開催が終わったあたりから雨量は減って、日没以降は雨はやんだし、日付が変わる時間が近づくにつれて、どんどん気温が上がっていっている。日曜1Rのころには25度くらいになっているのでは。であれば、芝なら稍重までは少なくとも乾くだろう。ただ、ダートはそう簡単に乾かないので、乾いても重馬場だろうか。そうなると、ゴリゴリのダート血統ではなくてもいい。また、土曜のダートは、思った以上にスピードがいらなかったが、水が浮くほどのダートになってしまって、逆に走りにくく、スピードが出にくかった模様。そのため、初めは差しが決まっていたが、最終レースのころはそこまで水が浮くほどではなくなり、先行決着になった。

 

そういう馬場に変わっていくのならば、瞬発力は必要ながら、ある程度の先行力も必要となる。

 

ならば、デュープロセス本命。中京の昇龍ステークスは後ろからの差し競馬であったが、基本的には先行する競馬が得意。前走青竜ステークスも4番手からの競馬で抜け出して勝利した。さすがにその時の上がり1位のデアフルーグからはコンマ4の上がりの差があったが、日曜に予想する先行有利っぽい馬場なら、青竜ステークスのような競馬で行けるのではないかと思う。良馬場だったらダイワメジャー産駒のダート重賞ということで、少し厳しいとは思ったが、重馬場だったらむしろいいと思う。字面の血統だけなら、今ならむしろ函館芝的な印象だけどね。

 

デアフルーグは津村Jが意欲的に調教に乗ってたみたいだけど、競馬だと少し後ろすぎるかなという印象。ただ、枠も前走のような最内枠ではなければ、今回は偶数枠なので、出遅れずに流れに乗れれば、瞬発力から逆転は可能だと思う。

 

ダンツキャッスルは番手からの競馬になると思うが、2走前の芝レースでも先行して2着にきているので、芝スタートも問題ないだろうし、芝でもダートでも先行できる脚があるのは魅力。前走は逃げて上がり最速で、内容も素晴らしいものであった。瞬発力には欠けるので、今回のコース的に最後に差されることはありそうだが、先行力を武器に、馬場も味方につけて、見事な競馬を見せてくれるのではないかと思っている。

 

エルモンストロは前走スローペースの競馬でかかっていたが、先行抜け出しで勝ち切った。2走前の勝ち馬は関東オークスを勝利したラインカリーナだが、どうやら人気もしていないし、1800でかかって今回距離短縮は好都合だと思う。3走前まで芝を使っており、馬券にも絡んでいるくらいなので、芝スタートも問題ない。

 

ノーヴァレンダは2走前が全日本2歳優駿で、見事にJpn1馬になった。しかし、前走は見せ場もなく敗れた。ただ、その前走は砂をかぶっていやがっての一戦で、テン乗り石橋脩Jも特徴をつかんでいなかったように思える。それを思えば、今回の外枠と、主戦の北村友一Jへの乗り替わりは大幅プラスで、巻き返しも考えられる。

 

ニューモニュメントは関西所属ながら、東京ダートは2戦1勝、3着1回。瞬発力が持ち味である馬。道中が後方からになるので、あまり高い評価はできないが、瞬発力だけならこのメンバーでも1、2位を争うので、このコース相性も踏まえて押さえる。

 

ヴァイトブリックは前走園田でクリソベリルの2着。クリソベリルはおそらくJDDでも1番人気になるような強い馬なので、それの2着は立派なのだが、明日のスピード馬場に対応するようなタイプにはいまいち思えない。シンボリクリスエス産駒というのはいいんだが、パワーで勝負するような馬だと思うし、距離も少し短いのではないだろうか。

一応買うが、調子だけならアシャカトブもいいので、馬場が渋っているときのシニスターミニスター産駒ということもあり、こっちに変えることもあるかな。

 

 

他のレース

 

函館

8R

◎タガノスカイハイ

 

ヒシゲッコウが人気になるだろうが、函館コースで追い込みはきつい。もちろん、明日の雨次第で差しも決まるかもしれないし、頭数も多くないので来るかもしれないが、わざわざこの条件で人気の差し、追い込み馬を買う理由はないと思う。

タガノスカイハイは1800のほうがいいのだろうが、あまりトップスピードもなさそうで、むしろ日曜の条件は合うのでは?

ヒシゲッコウを3歳馬というだけで買うなら、むしろスカイシアターのほうが気になるね。

 

10R 木古内特別

◉リワードアンヴァル

 

いやぁ…このメンバーに負けたらいかんでしょ。スマートファルコン産駒だし、明日の函館ダートならスピードで圧倒すると思っている。1着のみ。

 

12R 北斗特別

◎リリックドラマ

 

おそらく逃げるのはこの馬。ステイゴールド産駒。函館。1番人気じゃなければむしろおいしくないですか?

 

阪神

6R

◎モズハチキン

 

人気馬だが、モズ×和田Jということと、母父ダンスインザダークの距離短縮で。

 

11R 米子ステークス

◎キョウヘイ

 

馬場が悪化して、であれば、キョウヘイの出番かなと。

 

12R

◎ブルベアオーロ

 

ローカル開催での話ではあるが、2走前と4走前は重馬場で3着がある。馬場が渋るし、3歳馬ということで、狙っても面白いかなと。

 

東京

5R メイクデビュー東京

◎ゴールデンエポック

 

サクセッションはいい馬だと思う。クルーガーの下にあたるし。ただ、キンカメ産駒は初戦があまりよくない、むしろ2戦目以降でいいと思うから、1着で来たらごめんなさい。

狙うはダイワメジャー産駒のゴールデンエポック。母父マキャヴェリアンなので、今後も楽しめる。いや、初戦からも楽しめると思う。

 

12R

モンツァ

 

メンバー唯一のノーザンファーム生産馬。この血統なら1800はぴったりだと思うし、実際未勝利勝ちを勝った舞台ということもあれば、3歳馬もパッとした馬がいないし、チャンスだと思う。

6/12関東オークス

簡易予想した日曜中央の重賞はまったくハマらず。エプソムカップにしても、大したことないレイエンダに来られてはどうしょうもないし、マーメイドステークスはねぇ。
簡易予想のときは大概買ってないんだけど、この日も出前を途中でやめて、家に帰って、東京10R始まった辺りで寝落ち。
ある意味良かったかも。

さて、川崎。関東オークス。火曜水曜と雨予報だったのはどうしたんだい?
まぁ長距離重賞だし、牝馬限定だから、地方馬の台頭含めて波乱の目は考えて然るべきなんだけど、これ最初不良馬場の体で考えてたから、少し考え直すか…。
たぶん、重かなぁ、稍重まで乾くだろうか。でもそこまで温度上がらないからなぁ。

ということで。


川崎11R
関東オークス

◎トーセンガーネット
マドラスチェック
▲ローザノワール
リトミックグルーヴ、アークヴィグラス、ラインカリーナ、キタサンベッキー、アブソルートクイン

トーセンガーネットの牝馬三冠がみたいなぁ。牡馬とも対等に渡り合えるような馬だし、マドラスチェックは確かにいい馬だけど、ここでほんとに信頼できるかといえば、初ナイターや距離を考えても、トーセンガーネットの方が興味が湧く。願望だけではなく、中央馬相手でも問題なくやりあえると思っている。
もちろん、この馬含めて中央馬も前に行く馬が多いので、そういう点では厳しいレースになるだろうが、それをはねのけるだけの力を備えていると思っている。

マドラスチェックは左回りに替わるのはいいだろう。ただ、どうも川崎の今のダートはタフで、芝でも走れていた馬に全幅の信頼を置けるかというと、疑問。なので対抗。

ローザノワールは逃げられたら強いと思う。また、幸英明Jが鞍上というのもいいと思うから、評価は上げたものの、前に行けないと脆い面もある。結構評価の難しい一頭ではある。

距離延長で前走いい競馬をしたリトミックグルーヴは、いい枠を引いたし、吉原Jが継続騎乗なのもいいだろう。

アークヴィグラスは番手でも競馬ができるので、距離延長はマイナスだから、少しためて競馬するんじゃないかな。であれば、最後にちょい差し的なイメージ。

ラインカリーナは枠も良くないし、距離も微妙。押さえ以上の評価はできない。 

穴として、ジーナフォンテンメモリアル組の2頭。ほんとにこれは最後に突っ込んでくるならの期待だけ。押さえる数は多くなったけど、こんな感じ。